田村カフカ

確か15歳が家出をする話。それを読んでいる45歳の愚生は家出したことがないばかりか、未だにそのチャンスを逸している。だからこそそんな小説はみんないつかは書いたことがあるはずだ。