エリア会議

8月6日です。0815に黙祷し哀悼の誠を捧げます。昨年も書きましたが、アメリカはいまだに原爆投下について自らの正当性を主張。第一次安倍内閣が戦後レジームからの脱却と標榜し、結果短期に倒閣したが、真に戦後レジームからの脱却と高らかに主張するには、この件につき、アメリカさんに謝ってもらって、初めて、そう云えるのでしょう。午後からは千葉で時点修正業務のエリア会議が市町村の担当者さんを含めて開催された。メインは接点調整で連続性ある地域性の際には価格の連続性を目途に調整を図るものである。接する距離が多い分接点調整にも時間を要し、一時開始の会議と打ち合わせは四時過ぎまで掛かり終了した。帰りは会議の終了が同じ時であり同じ方向に帰るO先生をお誘いしお供に帰る。この日、写真は撮れなかったので涼しげでユーモラスなクエの仲間の顔アップで。