消える川

もともと名もない川である。付け替え工事により暗渠化されれば、ますます人の記憶から消えてゆくだろう。貝渚橋の架け替え工事は市道の大規模な改修工事の一部であって、市道の改修によりもともと河川の区域が道路の区域に変更されるに伴い、付け替えされ暗渠化される。暗渠化の工事は密集し土地の有効利用が求められる都市部では往々にして見られようが、当該地域においては稀である。本件では道が激しく交差する交通上の要請から暗渠化されたと思われる。さて、付け替え工事である。よく、「地図に残る仕事」云々と云われることもあろうが、「地形を変える仕事」、或いは「川の流れを変える仕事」のほうが、個人的な好みによく合う。旧川の流れを止め、新川を築造し、旧川を埋め戻したり、転換利用する。捷水路といったり、当該地域では川廻しと云ったりし、江戸期から頻繁に行われてきた土木工事である。歴史的には東京湾に注いでいた利根川を太平洋に注ぐように付け替えた大規模なものまであるという。旧川は消えて、新川が残る。地図に残るのは後者であり、前者は地図から消える。地上から消え、地図から消え、記憶から消える。