安保法案

集団的自衛権の限定的行使容認を含む安全保障関連法案が特別委員会で可決された。世論も割れたように新聞各紙も色合いが異なる。産経は「信念貫き採決」朝日は「安保採決 自公が強行」読売は野党の対応に苦言を呈している。安倍晋三氏はヴィジョンを語りながらも現実を見据えている。第一次安倍内閣時には「戦後レジームからの脱却」というメッセージを発した。それは敗戦国を終わらせようとする試みであったが、半ばで潰えた。奇跡的に二度目の登板が回ってきた時には、それを前面に出さずに、現実的な路線を探っている。今回の法案もその一部であろう。政治家は絵を描くものだと思う。その絵を見て判断すればいいと思う。