ねじり花

ババに教えてもらったが、ねじり花という。ラン科の多年草で、この時、写真のように花を捻って咲かせている。天を突くドリルのよう、力を溜め込んだゴム動力飛行機のゴムのよう。見た目、ユーモラスだが気を付けなければ見落としてしまうほどのサイズである。ところで、押したり引いたり、力のかけ方は色々だが、「捻る」っていうのは力を溜め込み放出する動きでも一番の馬力を発揮しそうな気がする。テニスも野球もゴルフもサッカーでもそうなんじゃぁないかなぁと思ったりする。エアーKは飛びながらよく捻ってたし、野茂英雄はトルネードで捻ってたし、ジョン・デイリーはデブなのに捻ってたし、長友は体幹トレーニングで捻ってた。そういえば想像力だって、捻ったほうが力が溜まる。軸を崩さずにいれれば、捻れるだけ捻った方が良い。臨機応変に対応できる力も生まれてくるから。とにかく想像力には限界がない。物理的な限界がない。捻れるだけ捻ったほうが良い。溜め込んだ力は、そのまま、真っ直ぐ、未来まで飛ばせばいい。と思う。