体操教室

この日は体操教室。長女はマットの選手に選ばれており、練習の成果を発揮すべき、本番に臨む。朝からそわそわと落ち着かない。選手以外のクラスのみんなは普段通りの授業が行われる一方で、「8時までにがっこうにいって、バスにのって‥」と、ゼッケンを付けた体操服を着て、お弁当を持ち、それをリュックに入れる特別な水曜日が始まる。それらが小学校3年にもたらす昂揚感といったら、どれほどのものだろか。あまりに落ち着かない長女に向かって「まるで太宰だな。『選ばれてあることの、恍惚(こうこつ)と不安、ふたつ我にあり』。って」と云うと、「え、とんこつ!?」って長女。www。分かるわけないこと前提の会話だったけど、恍惚が豚骨になって帰ってくるとは‥‥。それで、本番は見に行けなかったけど、1.Y字バランスから 2.倒立前転、3.開脚前転、4.もう一度前転。5.体を入れ替え、6.後転 7.そして伸身で立ち上がる。という演技内容。撮影してくれた映像を見る限り、全体的に綺麗に流れたようだ。特に1.2の流れはいい。最後7の立ち上がりがややもたついたかな。でもうまくいってるよ。放課後と朝と自宅でのマットレスの練習の成果は確かにあったようだ。なによりなにより。