法定地上権

法定地上権とは、抵当権設定当時既に土地と建物が存在し、両者が同一所有者に属する場合、その一方に抵当権を設定し競売されたとき、法律上当然に発生する地上権をいう。土地建物がそれぞれ別個の不動産で登記できる我が国制度においては、土地の利用権原を有しない建物が生じるおそれがあり、これを保護し社会的経済的損失を回避する等とか、教授された。では保護するに値しない簡易な建物、居住用ではない建物も対象になるのか。これについは用途上の選別はないと思慮される。では建物の登記は必要か。不要。なぜなら買受人は現地検分し建物の存在を知ることが出来るから。また、広大な土地の一部に建物が存する場合は建物敷地部分のみならず、一筆全域に法定地上権は及ぶものと理解されている。法定地上権も物権であり排他性と直接支配性を有する強い権利である一方法定地上権も対抗要件を具備しなければ第三者には権利を主張できないとされる。