葬式

葬式は1100から開式され、御前による読経、友人による弔辞、喪主の挨拶、弔電披露を重ね、最後にその人の周りに集まり、手紙を添え、花を添え、棺を閉めた。1215にクラクションが鳴り出棺。福岡刻の森葬祭場。1245に本当に最後の別れをする。1500に収骨。葬祭場に戻り1600から初七日の法要、1630から精進落とし。1900に帰宅。親類縁者が集まり、夜更けるまで話は止むことがなかった。