PX-045A

長期に渡り事務所の第二プリンターとして活躍していたエプソンのPX-404A。給紙時に空回り等の難が目立つようになり、機種交換となった。製造が2011.12.24と背後に印刷してあり、約3年間の使用であったろうか。確か譲り物であったかと記憶している。機能単純なのが良い。メインは業務用の複合機を使用しているので、サブとして同種タイプを探し、量販店で最安値を示していた、PX-045Aを購入。¥5416円也。写真のように同サイズ。操作系もほど同じだろう。ディスプレー表示が無くなり、SD差口も無くなった代わりに、カラーコピーが出来るようになった。インクジェットプリンターは本体よりもインクカートリッジのコストが大きく、本体価格をあっという間に凌駕してしまう。本体ではなくインクカートリッジで稼ぐビジネスモデル。非純正品のカートリッジは不良品が多くて難儀して使用しなかったけど、最近はどうなんだろうか。