青と橙と緑と

昨日は一日外に出ていたので、事務仕事をあれこれしようと考えていたが、机に向かうと何をしようかと考え込み、重要度と緊急性の低い案件から手を付け始めるというのは、半分浮ついた金曜日に良くあることで、この日もそんな腰の落ち着かない一日であった。朝、二週間ぶり床屋に行ったが椅子に座るとうとうとして、終わってしまった。資料を受け取りに伺い、訂正の文書を作成し、新たな案件の契約書を作成し、それらを郵便局やら相手先やらに届けたら午前中は終わった。良く晴れた日だ。真っ青な空を見ていると、操縦はできないけど、飛行機一台欲しくなる。一周して戻ってくるだけでもいい。気持ちいいだろうな。お昼は内食。午後からは来週に迫るイベントの事前案内の作成を本来すべき事もせずしている。1700を越えた頃に長女をサッカーに連れて行く。西に向かう車内にはオレンジの夕日が鮮やかに差し込んで来る。明日は良い天気だろうか。サッカー場の芝生はすっかり緑が生え揃い思わず走り出したくなる。気持ちいいだろうな。メンバーのY理事長やS藤君やはたまたI君まで居られた。みんな親の顔をしている。日が落ちてもすっかり暖かくなった。明日はなにしよう。