パラオ ペリリュー島

天皇皇后両陛下はパラオ・ペリリュー島を訪れ戦没者を慰霊した。『私どもは先の戦争で亡くなったすべての人々を追悼し、その遺族の歩んできた苦難の道をしのびたいと思います。』とのことで日米で苛烈な激戦地となったペリリュー島を戦後70年になり訪れた。ペリリュー島最南端にある西太平洋戦没者の碑に献花する様子、南方にあるアンガウル島に向かい頭を下げる様子をNHKは生中継していた。「これで慰められる」安堵する遺族や元兵士達の言葉や様子は印象的であった。我々は「先の戦争の歴史を十分学び、これからのこの国のあり方を考えていくこと」が肝要である。