読み聞かせ終了

本年度読み聞かせが終了した。年度初めと云っても実際に始まったのは6月からであるから約10ヶ月間。週二回。夏休み冬休み春休みがあるから稼働は30回弱であろうか。都度2冊読んだので合計で50冊は越えている。家にそれをまかなう程の蔵書はないのでほぼ二週間に一度図書館に通い、内容と分量のふるいにかけ絵本を選ぶこの時間が一番大変でもありわくわくする時間でもある。長男長女とテストドライブをして善し悪しを予測して、教室に入る。思っていた通りの反応の時もあれば、全く違うこともある。どっちかいうと想定外のことが多い。それでも直接の反応は実におもしろい。あのような反応に触れるたびに実感というものがある。そもそも、長女の通うクラスはやや問題ありで、少しでも何とかならないものかと始めたこれだが、読み聞かせの時間だけ?はとにかく靜かでおりこうさんなクラスであった。一年をかけ落ち着き有るクラスにしてくれた担任の先生には感謝である。最後には子供達からの暖かい言葉を貰い、記念撮影させて貰い、ミッションを完了した。