木更津ゴールド

クリスマスイブから一夜明け、前日の天気予報では寒くなるからと念を押されたにもかかわらず、起きてみて調べる外気温は8℃ほどありいつも通りの朝となった。つまり、昨晩訪れたのは寒波ではなくサンタクロースと妖怪ということであったが、帰省中の子等の反応も上々のようでなによりであった。この日は朝の遅い時間から今年最後のゴルフであった。木更津ゴールドは青木の設計で平成10年開場。旧くはアカデミアヒルズCCと称しており、てんとうむしの看板として名が通っていた。コースは狭く高低差がありフェアウェイが途切れるホールもあり、難易度は高い。そもそもこんなコースでドライバーを持ったことが作戦失敗であった。ロングは2オンをねらえるホール普通に考えて一つ。グリーンは堅く歩いていてもグリーンから跳ね返される感じがする。このコース個性的である。戦略が必要であるというのがこの日の成果であった。プレーフィーは込みで6480円。安い。富士山も望めると聞いていたがこの日は見えなかった。懇親は市内に戻り、先輩後輩ともに、ご参集頂き楽しい時を過ごさせてもらった。