妖怪ウォッチ零式

安易ですが、役に立ちませんが、今年のクリスマスプレゼントはこいつ。「妖怪ウオッチ零式」にしました。腕時計としては落第で時間を知ることもできませんが、妖怪を探すことと召還することができます。たぶん。去年のクリスマスプレゼントは確かカブトムシと新幹線でした。サンタさんへの手紙に「妖怪ウオッチ」と書いてありました。長男はともかく長女はサンタはいない!と確信していると思いますので確信犯かもしれません。先日ツタヤの店頭にこいつがありました。お一人一つって条件付でしたが。一時は品不足、供給不足需要過剰で価格が3倍4倍なんて話も聞きましたが、それも市場原理。高くても買うから値がつく。だったけど、もう普通にあるのねってことで、アマゾンで普通にありました。定価は3,200円とありますが、アマゾンでは4600円前後?少し高いですかね。零式ではないものも有りましてそちらとひとつずつ長女と長男用にと買いました。たぶん零式の取り合いになるでしょうね。クリスマス頃は子供達は福岡に行っているのでそちらに送りました。福岡で喧嘩でしょう。ところで、サンタさん、私は妖怪ウオッチではなくて、普通の腕時計(GS)が欲しいです。午後から漸く年賀葉書を買った。こちらも取りかからねばならぬ。なんとなくぼんやりしてしまった一日。刻一刻と年の瀬は近づく。はやくせねばならぬことおおし。