いっしい

寒くなりました。朝方の外気も6℃。最高気温の13℃。15時過ぎには雨も降り始めた。冬の寒い日、冷たい雨が降る日を"いっしい日"という。身体が冷えて体力を奪われやすいので案外とあなどれない。ご留意くだされ。木曜日の朝は読み聞かせ。「みみずん」ぐうたらみみずのみみずんが主人公である日、巣に"べろりんちょ"という天敵があらわれたからさぁ大変どうする、どうなる。レスキュー隊のミミズが助けてくれて、事なきを得、そのレスキュー隊に憧れを持ち、そうなれるようがんばろうとぐうたらミミズが心入れ替えるというおはなし。展開、キャラクター、教訓。論理的にすばらしい。次、「おおやまさん」顔がいかつくて怖い幼稚園バスのおおやまさん。でもじつは心優しいひと、というお話。怖い人も実は優しい一面をもっている、表面に惑わされるなというお話。単純であるが奥深い内容である。絵が素晴らしい。○。さて、長女の友達のHちゃんに、読み聞かせの練習してねと「幸福の王子」を貰う。作者がオスカーワイルドだったのでちょっとびっくら。午前中は事務所作業。お昼はお隣のお弁当やさん。午後も事務所で作業。寒くて雨も降ってきたので、外に出たくないと思い、コンビニにも出かけず一日が過ぎた。夕方は長女をスタンツにお迎え。雨は激しくなってきた。晩ご飯は鍋。なるほど鍋が出るほど寒いわけだ。夜、布団の中で雨音を聞く。眠い。宇宙が目の前。宇宙に降る雨は音がない。