戦う

「戦う」には大義が必要となる。古くは食料領土獲得、近代では植民地解放イデオロギー、現代ではテロ撲滅。しかしこの戦いには大義はない。ストレス発散や力を尽くす為でありこれは到底大義とは言い難い。最近の長女ったらば、プロレスをしようと云ってくる。プロレスっていってもあれだ、長女が蹴り父親がうわっーと大げさな声を上げ腰から崩れ落ちるショーだ。オリンピックで金メダルを目指す長女にとってはプロレスをするわけにはいかない。プロレスはオリンピック種目ではないからだ。そこで昨日はチャンバラをしてみた。スポーツチャンバラという。写真の剣はウレタン製で叩いても全く痛くない。これを数本用意してひたすら戦う。まずまずの楽しさだ。今度、近所の子供を集めみんなでやってみよう。午前中千葉で打ち合わせがあったので午前中から出かける。帰り道の君津で打ち合わせを一つする。鴨川に帰るともう1330過ぎ。千葉に行くとほぼ一日つぶれる。じじばばにたちより明日の準備をして一度帰宅。図書館に向かい今週の図書を7冊借り換える。夜子供達に試読みしたがいずれもまずまずの評価を頂いた。今回は良いものを選ぶことができた。午後の残りは事務所作業である。1730頃に帰宅する。晩ご飯はじじばばからもらった餃子、トマトとほうれん草とチーズの和え物、ピーマンと茄子の炒め物、大根とわかめと緑のもののお吸い物。ごちそうさまでした。

今週の図書
今週の図書
無防備な構えのなかに殺気が漂う
無防備な構えのなかに殺気が漂う