リバプール

夕方、インターナショナルフットボールアカデミー南房総スクールを見学しに行った。昔の丸山中学校の敷地である。地元新聞一面に載っていたこともあり大層な人手である。何がどうで何するのか分からずが見ている。サッカースクールのようだが、それが何でも”えげれす”の先生が教えるそうでその先生がすごい”ぷれみあむ”のようで…。リバプール流を実践するようなのである。「リバプールがやって来る。YAH! YAH! YAH! 」みたいな革を被ったエデュケーショナル、人間教育、英語もやっちゃうよ的な、世の子育て世代のハートをグリップする要素が詰まっている。よく南房総でやろうと思うよねというのが勝手な心配事である。多種多様な教育に触れられるのはありがたいこと間違いない。地域の力にもなる。さてこの日の朝は一番冷え込みになった。前日の平井さんの予報は下ブレして6℃まで下がった。完全冬モードである。寒さにふるえる長女は学校まで送ってとせがんでいた。0800に二週間ぶりに定期的な床屋。すっきりして週末に臨む。午前中は事務所作業。とにかく作業である。昼はうち食。午後は事務所作業。とにかく作業である。夕方1700に長男を迎えに行く。帰宅して長女を体操教室に迎えに行きそのまま、丸山に向かった。1900頃見学を終え、ライバックに寄り道して帰る。明日も学校である。早々に寝ることにする。