ローファー

風は南から時折強く吹き、気温は高いまま夜半を超え、朝を迎えた。降雨は時に強く或いは休んで、1500まで続いていた。地表は雨に濡れた。もし、人類が靴を発明しなかったらこんな日は大層な苦労があったことだろう。いや、例え靴を発明したとしても「穴」が空いていたら、それは人類の発明に対する大いなる反乱であろうか?この日外を歩いているとなんか、冷たいなと思い、靴底を見れば穴が空いていた。常用するローファーの靴底、拇指球当たりが。この靴は長女が今年度に入り上靴を新調した時に買ったもので半年前かと思う。トップバリューのオリジナルブランドで『シンプルでベーシックなローファーです。3Eのゆったりとした履き心地にアッパーは人工皮革でお手入れも簡単。イオンのプライベートブランド「TOPVALU」ならではの安心品質、お買得価格です。』とHPで広告されている。確かに値段は3990円で手頃で履き心地もよく購入した。毎日毎日の酷使によく耐えたと思う反面、たった半年で…という思いもあり、複雑だ。ちなみに長女はこの日長靴で登校した。良い判断だと思う。もうひとつ、ちなみにローファーは「怠け者」という意もあり、ビジネスには適さないが、小生にとってはビジネスではなく仕事なのでセーフである。もう何足もローファーなのである。午後妻が病院通いなので長女を迎えに行き、じじばばに任せ、事務所に戻る。英語終わりの長女をピックアップして帰宅した。この日の夕食は焼きそば。