マスク、寒川、デカ

窓から東を望めばやや厚い雲間の向こうから太陽が昇る。オレンジ色の光は雲に映え、東の空から南の空果ては北の空までオレンジ色に染め上げる。やがて光源は強さを増し、さらにまち一面を朝日に照らし出す。一日が始まる。美しくて力強い朝日に見入る。前原海岸や魚見塚ならもっと綺麗だろうか。いやいやもうおそい。移動の際に刻一刻と朝日は消えて行んくだろう。中日なのでなんとなく気持ちが悪いが一週間の始まり月曜日である。じじババへゆき、0700に長女を送り事務所へ。0800読み聞かせ、校庭では高学年が陸上大会の朝練の最中。これでも蛙は小学校の時、足は一番速かったので陸上大会に代表選手として選ばれ朝に晩に練習した記憶がある。大会に出場した蛙は大海を初めて知るのである。嗚呼、世界は広いんだよ。読み聞かせは「ジローとぼく」「くすのきだんちは10かいだて」。夕方長男を迎えに行くと、Rちゃんがお母さんと弟の迎えに来ていて、読み聞かせのことを話してきた。あの本は読んだことあるよ、今度は犬とネコの本がいいよ、から始まり止めどなく会話は流れ幼稚園の頃の思い出話まで。Rちゃんは憎めない。長男は園庭で遊び回り漸く帰宅することができたのは30分以上経ってから。夕飯はカレーライス。デザートはメロン。切ってビックリ。果肉が緑のマスクメロン。最近は切ってオレンジ色が普通だったから。調べればマスクメロンって品種名ではないようだ。「麝香瓜」って名前らしい。すげぇ…ザ・マスクメロンとも言える幻の高級メロン「寒川メロン」というのがあっていつかは食べてみたい。毎年6/1~6/20迄予約でJAさがみ寒川営農センター受付か。限定5000個。来年電話してみるか。