スーツ仕上がる

じじがどういう訳か、「スーツを作ってやる」と云って帰省していた兄とともに採寸したのが約一ヶ月前の話ですが、そのスーツが仕立て上がってきました。黒に紺との細いストライプが入った生地で、前は二つボタンで本切羽でサイドベンツでどうのこうの。あと細身で裏地は派手に。という希望でした。ここ一年はスーツはほぼ着用してません。スーツを多用したのは青年会議所現役の頃でした。あの団体はどこでもスーツです。ほぼブラックスーツで、大勢が動くわけですからとにかく目立ちます。でも、ドレスコードとか着用時のマナーとかを知ったのもその頃です。挨拶をする時はもちろん聞く時にも上着は着用するとか、ボタンは必ず締めるとか、基礎的なことはそこで学んだ、といより気づかされました。そういうのは忘れない良い経験です。出来上がったスーツはパリッとして張りがあり、気持ちいいもので、着れば気持ちもパリッとします。靴がローファーってのが駄目ですけどね。着用の機会はめっきり減ったのは寂しいですがチャンスはそのうち来るでしょう。兄貴はどうでしょうかね?丁度いい感じですかね?この日は朝からやや肌寒い。外気温は17℃。0600過ぎにじじババへ。0830過ぎに二週間ぶりに床屋。髪の毛ぼーぼーである。午前午後で事務所で作業。最後の追い込みでじたばたしてました。なんとかよりよいものを提出して、1700には長男を迎えにゆき、長女の体操教室に寄り道して、デニーズで夕食。この日は子等は残さずよく食べた。本を二冊読んで歯磨きして寝る。みなさんの週末が素晴らしい週末になりますように。