YPB750DR

先日ユピテルのポータブルナビYPB750DRを購入。カーナビが切実に必要だと思うことは少なかった。遠出することも稀で、地元で迷う道もない。最近ではスマホアプリのナビが極めて優秀なのでこれで対応出来ていた。だからカーナビというものはいずれ無くなる絶滅危惧種だと思っていた。自家用車にカーナビは無く、最後にカーナビを買ったのは平成19年2月4日に今は亡きSANYOのゴリラNV-M15DT。4.5V型でパラレル12チャンネル、地上デジタルワンセグ等。必要な時にはこれを持ち出して使用していた。一方でドライブレコーダーの必要性有用性は感じていた。万が一の為、事件事故或いは逮捕?の際有力な証拠となる。万が一の保険である。案外安価であることも素晴らしい。そう。買ったのはドライブレコーダー付カーナビ。これは良いと思った。カーナビ背面にカメラが備え付けられ前方を映し出している。常時撮影し、事故等によりショックが加わった際の動画ファイルは識別され保存される。カメラは130万画素なので一昔前のケータイカメラ程度なので、過剰な期待は禁物だが、十分認識可能である。また走行映像はエンターテイメントとして可能性を非常に感じるものである。見ていて楽しい。カーナビ自体も前機より数段優れる。レスポンスも良いし感度も良好である。オービスや取り締まりエリアの警告もある。ポータブルナビとしてはまだ高位の機種だがこれからどんどん安価になってゆくだろう。ゴリラブランドでも同種のものは発売されている。ポンプ小屋の稲刈りは午前中から正午過ぎまでで終わった。