夏休み最終日

いよいよ夏休み最終日となった。この日は美しい朝焼けではじまった。早い時間に帰宅して、今日の予定を立てる。午前中は庭の周辺の除草。膝ほどに伸びた草を刈る。庭の端では葛の波が押し寄せ、建物に襲いかかろうとしている。近所を廻り、うちの田も収穫の時を待っている。この日は日本寺へ、二学期に向けての飛躍と家内安全商売繁盛を願い参拝した。なにせ日本一の大仏なのだからその功徳も半端ないものだろう。石仏は慈悲の心で、我々の願いも叶えてくれることだろう。訪れた際には参拝者というよりハイカーで賑わっていた。周辺は鋸山を中心としてハイクするには適切な環境が揃っているし、或いは観光にも丁度いいのだろう。参拝後は「海に行きたい」と長男がいうものだから、山を下りて近くの海岸へ。8月31日。内房の小さな海岸は仏の慈悲の心のように静かに佇んでいた。帰り道に買い物をして帰宅。この夏、BBQをしなかったというので最後に行うことにした。焼き台を設け、墨に火を入れ、テーブルを広げ、お菓子を開け、ジュースを置いてさぁ始めよう! この日は日曜日でお肉屋さんが休みだったので野菜中心となった。実に健康的である。焼いて食べて焼いて食べて。日も落ちて終了。最後は近所の子供達みんなで花火。打ち上げ花火はヒュー・・・・・・・と空高く舞い上がり、ズッパーーン!!爆音とともに光の軌跡を闇夜の空に描いた。子供らはその音におののく。1900には全て終わらせ、明日から始まる学校に向けての点検準備作業。私はもう眠りについていた。本当に長い休みであったが、うちのは大変だったとおもう。私はいつも通りに不在だし、各種夏休み子供向けイベントに何度も子らを連れていってくれた。心に感謝である。