賞状とポスター

0600頃に爺が館山でパンを買ってきたと事務所に持参しので、0700過ぎに一度帰宅して子等の朝食に当てることにした。爺の買うパンはいつもはアンパンとかクリームパンとかの菓子パンが多いが、今回はリクエスト通り食事パンということで何も入っていないパンを買ってきてもらう。パンと云えば伯父さん伯母さんが千葉の千城台で「ベーカリーピレーネ」というパン屋さんをやっていました。伯父さんは母方兄弟の次男で、長年に渡り地域の皆さんから愛されるパンをその地で作り続けて、私も小さな頃から大きくなった後も胃袋と心を満たせて貰いました。この伯父さん、僕から見たら祖父、おじさんから見たら父親にそっくりな相貌でしたね。それで、そのパン屋さんは39年続けた現在、若い方が引き継いでいられるようです。0900前に事務所に戻り、午前中は事務所で作業。お昼は内食。家に戻ると賞状。長女がそろばんを初めたのが2月頃か。漸く10級合格となった。「えらい、すごい、よくやった」と、頭をなでる。妻がチャーハンを作ってくれるというのでその間長女と近所を散歩したが、近くの加茂川にゴミが落ちている。「ゴミがあるねぇ、どうしてすてるかねぇ、困ったねぇ、」と話をしてしていると、夏休みの宿題にゴミ捨て禁止のポスターでもないものか?聞いたが「ない」という。でも、ポスター描く!と言い始める。その後も何回もいうものだから、描くことになった。大きな紙は無かったので自由帳で代用した。「ゴミをすてないで」中央に書き、その廻りにイラストを描き加える。自分で考えてそうするといっていた。いいと思う。ご飯前後、じっと描き入っていた。この日は総じて、静かな一日であったので1700過ぎに帰宅した。かわいらしいポスターは既に完成していており、長女は夏休み最後の学研に行っていた。長男はTV。妻がケータイ料金プランを所謂カケホーダイにしなければといっている。この日、最高気温は23.9℃曇り。涼しさを感じる程である。最近は雨が混じり焼け付く日差しが少ない天候のため、庭の雑草の成長が速く、その背は人の膝ほどに達しそうである。