ただいま おかえり

朝0830内房で打ち合わせ。30分ほどで意見を交換した。鴨川に戻り市内で現地調査。焼けるような日差しはないものの汗はじわりと出てくる。今日も鴨川シーワールドの前は混雑。昨日に変わらない。お盆を越えてもまだ人の移動の波があるようだ。「お盆は実家で、その後はどこか、」とか。「お盆は仕事だったので終わった後に」とか。あるのだろう。午後は外房で打ち合わせ。一時間ちょっとの間、意見交換を重ね今後の方針を決定した。再び鴨川に戻ると事務所作業。到着の一報はANA264  1700-1850であったが、使用機遅れにより1935、更に1950と二度にわたり遅延が発生した。こういうのが疲れを増幅させる。1830過ぎにやおら出発する。日は落ちている。鴨川有料道路、房総スカイラインを経、君津ICから高速に乗り、金田、アクアライン、羽田第二ターミナル。p3は「空」の印が掲示されていた。連絡通路と同じ階の4階へ。1957:p3の4階にに駐車してエンジンを切って到着情報にアクセスすれば1953に使用機は到着しているとのこと。車を降り連絡通路を渡り到着ロビー一階までエレベータで下りて、到着出発の案内を表示する看板の前に立ち、出口2番・3番であることを確認する。僅かな間目を背けた瞬間に、出口には、手に機内で貰った塩ビ製のANA機と笑顔の長女と長男は到着口から飛び出してきて駆け寄ってきた。「おかえり!」「ただいま!」。抱き寄せる。長男は目にするものいちいちを口にしてしゃべり、長女はなにやらメロディーを口ずさむ。にぎやかだ。僅か三日ばかりの不在だったけど、感覚が瞬間的に取り戻せない。長男はこんなにおしゃべりだったけ?長女はこんなに落ち着いていたっけ?三日ほどで子等はまた成長したみたいだ。私だけ浦島太郎?お腹が空いたので食事して、子供らは昨日お風呂に入らず寝てしまい、今日はお風呂に入れたいということで途中のお風呂屋さんに立ち寄り、帰鴨したの2300前だったろうか。子等は後部座席で熟睡してしまっていた。