帽子

「ママ、僕のあの帽子どうしたでしょうね。谷底に落とした麦わら帽子ですよ。」ではないけれど、長男が愛用していたトミカのプリント帽子が無くなってから、かれこれ経つが一向に出てくる気配がない。その為に、新調したのがこの帽子である。朝方から作業をはじめ、久方ぶりに登園する長男を見に「花子とアン」を視聴後一時帰宅。妻が帰宅した0930に会社へ。再び事務所で作業。正午過ぎうちで昼食。パスタを茹でてくれた。TVでは「スパイダーマン」の映画。ある日突然不思議で超人的な能力が備わっていることに気付くというシーン当たりを目にする。人は誰でも「変わりたい!」と願っている。それを超人的に解決しようとすれば、アクションやエンターテイメントというジャンルになり、それを社会的に解決しようとすればヒューマンドラマになったりする。わけ。午後は銀行を巡り書類を調達する。房総信用金庫に新築後はじめて伺ったが従前の建物とはうって変わってとても快適な空間となっていた。千葉興業銀行、京葉銀行にも行く。1500銀行が閉まるが、用は終わらない。もう少し営業時間を伸ばして欲しい。1600過ぎに帰宅し、長男を迎えて、買い物へ。妻の事前調査によれば市内に長男が納得する帽子はないとのことであった。帽子を買いに内房へ。一軒目、デザインサイズともなし。たぶんブルー系で52センチでキャラ系であれば納得するだろうに。二件目でゲットしたのがこの帽子。メガ進化したメガバシャーモがモチーフになっている。もちろんポケモンのそれである。モチーフは「軍鶏」。とんでもないほど進化をしているようだ。数千年後には現実かもしれない。とにかく、納得の買い物となったようだ。時間も時間なので、ラーメンを食べて帰る。いつもは外食すると全然食べない長男なのだが、この日の長男はよく食べた。よく食べた。うちに帰っても又食べていた。それが一番の収穫であった。