きみさらずGL

1990年頃株式会社真里谷が手がけた鬼才ピートダイ設計による旧真里谷CC、現在はきみさらずゴルフリンクスへ。「私の記憶が確かなら・・・」確か真里谷は千葉県にピートダイ設計による四つのゴルフコースを造ろうという遠大なプランを有していた。真里谷、グレンモア、グランマリヤ、チャンピオンシップ(最後は記憶が曖昧)。学生時代に会員募集のパンフレットを見た記憶がある。波打つフェアウェイ、枕木が印象的なバンカー、アイランドグリーン。奇抜で美しいという記憶がかすかに残る。当時の計画について調べても判然としない。1991年と翌年に「グレンモア」「真里谷CC」を開場し、真里谷は94年頃会社更生法適用。真里谷はオリックスに引き取られることになる。結局残り二つのコースは画餅に帰した。真里谷を調べればなんともうさんくさい話題もある。しかしそういう時代があったからこそ、現在も豪華でスタイリッシュで戦略性の高いゴルフ場が残っているというのは事実である。この日は千葉県ゴルフフェスタを通じて参加した。チャリティー3000円/組は福祉活動用車両や台風被害への支援金とされているようだ。炎暑となり二回足が痙攣を起こした。モーグルこぶ斜面のようなフェアウェイやら傾斜の複雑なグリーンも楽しかった。ロングはツーオン可能な距離だが10番はグリーン背後が崖、14番は高低差があり、狙いにくい。ショートは池がらみが多く、気持ちが揺らぐ。印象的なミドルは5番と、12番。落としどころがひとつで、グリーンも狙いにくい。しかし、この日はショットパットも好調であった。それで助かった。