炎天下

朝方から作業して800時過ぎに帰宅。妻が長女と「アートクラフト縁日」へかずさアカデミアへ出かける。長男は900過ぎにおきて、1100過ぎにお腹が空いたというのでカッパでカッパ巻きを食べると、ばばから電話が入り、練習場へ。お昼は齋藤さん作のチキンライスを頂く。長男を預け、外房方面で現地調査と打ち合わせを行う。とにかく熱い。鴨川市内の幹線道路は一日中渋滞が続き、城之崎海岸海水浴場や内浦海水浴場は一番の人手と思わしき様子である。盛夏ここに至るといった感。夕方戻れば、長女等も帰宅しており、クラフトをたくさん持ち帰っていた。レインボーくるくる、羊毛フェルトアート、本革アクセサリー、天然石モザイクアート、トンボ、消しゴムはんこ、ネックレス等々。ちなみに上記写真はそれのものではなく、夏休みの宿題として親子共作のザトウクジラの貯金箱。鼻(背中)から硬貨を入れ口から取り出すというもの。胸びれの長さはザトウクジラ似だけど、頭のはマッコウクジラになってしまった。完成作品が全長25センチ以内であることが要請されており、全体的に伸びやかさにかけてしまった。千葉代表で戦った東海大附属望洋高校、残念ながら初戦で甲子園に散ってしまった。