だめよデイビッド!

朝方から作業。八時前に昨日買ったドリンクホルダーが付けたくてウズウズして帰宅。装着後は試したくて試走&試置き。セブンとファミマのアイスコーヒーを試したが大きいサイズはややもてあます。それでも十分走行に耐えうることがわかり満足である。午前中は事務所で作業。一度打ち合わせで出かける。午後も事務所で作業。一度銀行に振り込みで出かける。五時過ぎ帰宅。お腹が空いたので「何か無い?」と子等に問えば「有るよ」と云いつつ逃げ始める。これは鬼ごっこ開始のサイン。なので追う。その後、強い風で日除けが煽られているので片づけをしていると、デイビッドが投げた石がポンコツマイカーにぶつかった。ポンコツだからどうでもいいし、コントロールする能力も無いので全くの偶然なのだが、家人は写真のように「だめよデイビッド!」ばりにおこる。「だめよデイビッド!」というのは絵本であって、十中八九いたずらやら悪いことをしておこられているデイビッドだが、最後にhugされるというおなはし。「正にそのとおりだよね」と共感する絵本。うちの場合もおこるのは専ら家人の仕事であるが、子等に問えば「お母さんはやさしい。お父さんはこわい」である。子供というものは理解不能である。否、本質を見極めているなぁ。夜はソーメン。桃と梨をデザートに頂く。