featured in

朝方から作業を始め、なんとか10時過ぎに完了して、内房へ。打ち合わせと現地調査をし、2時過ぎ帰社し作業。この日の気温は高く、作業していても汗がじわじわと流れてくる状態であった。5時に長男を迎えにゆく。この日は田圃に水が張ってあるのが気になったようで、盛んに聞いてくる。「なんでたんぼには水があるの?」「お米も喉が渇いたら、田圃の水を全部飲むんだよ。」想像しらたなんとなく不気味だ。「お水飲んだらおしっこしないの?」「んーん、おちんちんがないらからね」さらに不気味になってしまった。また、貝渚橋の上から加茂川を見ると大きな野鯉が死んで横たわっていた。「なんで死んでるの?サメにたべられたの?」サメはこの世で最強なのである。淡水海水なんぞ関係ないのである。長男の住む世界は生き生きとしているようだ。長女は午前中はプールで、午後は学研だった。アドマチック天国で鴨川が取り上げられたようで、投稿動画サイトで視聴した。地元房日新聞一面に娘が通う英語教室のdan先生が田原小学校で英語の反転授業を行った様子が掲載されていた。dan先生は現在鴨川帰省中。来月にはまたオーストラリアに帰られるよう。それから三面には7/5の会合の件が記事になりっていてビックリ。最後は自分ですみません。