モヤ

我が家は海岸線から直線で2100m入る。朝方家を出るときモヤが上がっていた。10時過ぎ太海小学校前を通った時も写真のようであった。この日は一向に改善の兆しが見られないまぶたの腫れについての二つ目の病院に行くことにした。自らが専門職業家としてありながら、医師を信用していないというのはなんとも世知辛いが、批判的思考というのは対専門職業家には有用である。赤く晴れ上がったまぶたの腫れは一度は「アレルギー反応」という診断結果であったが、今回はそれを述べた上で「ものもらい・・かなぁ」という診断結果を得た。「・・・かなぁ?」って。眼科医として何年、何十年もの間、何百、何千という症例を見てるでしょうに、「かなぁ」って。そんなにこのまぶたの腫れは特異なんでしょうか?「一瞬にして、これね、これは、こうで・・・で、ほっと置けば、一週間で、直るよ、たいしたこと無いよ」的診断を下すことができるのは想像上のカリスマ医師でしょうか。まぁ結局また様子見ということになりそう。