カッターボート

長女の土曜スクールでカッターボートを操舵。カッターボートは船舶に搭載される船尾がカッターで切られたようなボートらしい。12本の櫂を24人で漕ぐ。「row row row your boat  gently down the stream♪」のようにのどかではなく、「天気晴朗ナレドモ波高シ」のようにバルチック艦隊もなく、曇天のもと、足を踏ん張り、7kgの櫂を漕ぐ。手のひらに血が溜まり、二の腕が固まる。プラス、青年の家から漁港まで徒歩で往復。これだけで8000stepの自己新となった。その後は、図書館で本を14冊借りる。雨の週末の図書館は人が多い。昼ご飯を食べ、長男を散髪させ、帰宅すると自転車で出かけたい!というので、用事をつくり、郵便局までお使い。これで、本日終了したい気分である。夕方からは、明治大学校友会千葉県東部支部鴨川地域支部の総会がユニバースホテルで12名の参加で開催され、役員改選を含めた6議案が採決された。千葉県最小の地域支部であろうが、県南では鴨川以外に発足されていない。どっちかといえば先駆けているほう。会員そのものが会そのもの。会員の増強が目下最大の課題でそのような事業計画と予算組みが行われている。出ごとが減った夜の会合。ひさびさがぶがぶしてふらふら。