グーグルアカウントを乗っ取られる

朝五時前にふと目が覚め、スマホを触れるとgmail gcalenderにログインできない。??と思った後に「乗っ取られた!」と理解し、急いでPCを立ち上げログインするがやはりパスワードが変更されている…。思えば兆候はあった。gが不正と思われれるログインを二度に渡り排除して報告して来ていた。一度は中国から、一度はインドから。そこでパスワードを変更しておけば問題は起こらなかった。けどそれを二度もスルーしてしまっていた落ち度が自分にはあった。悔やんでも仕方なし。思わずぞっとする寒気を感じながら、急いで復旧作業。事例と事象と解決法を探ったが、案外簡単に見つかった。gには不正ログインの事象に対処した「アカウント復旧オプション」があり新たなパスワードを設定すれば問題は解決される。はずである。次いでキャッシュカード情報を乗せているアマゾン等のパスは変えた。これで大丈夫…なはずである。背筋を走った悪寒になりすましや不正ログインの怖さを思った。

午前は千葉で千葉県不動産鑑定士協会による定例無料相談会に参加。前回は相談者0人であったが、今回は3名。等価交換の相談と相場の相談とビル風の相談。いずれも通常の業務ではお目にかからない事案ばかり。勉強するチャンスとばかりにいそいそと情報と資料を収集し対応することになった。ビル風については判例があったので参考とした。等価交換については改めて勉強し得るところは大きかったが相談者の期待値を超える回答ができたは不明である。相場の相談は主眼は相続税にあったようだが、解決策のひとつを提示したが、資産が多く時間制約もあり具体的な回答には至らなかった。このような無料相談会に参加するといつも忸怩たる思いに苛まれる。相談者の期待値は無料とはいえ非常に高く、目の前の困っている人を十分に助けられないのはなんとも歯がゆい。自らの知識と経験と勉強不足を悔やむばかりである。それでも日々精進で前に進んでゆくしかない。