長い道のり

理解するには長い道のりがかかるのだろう。向かうべき処は同じだとしても通る道が異なることもあるかもしれない。少しばかりの角度の違いが気がつけば取り戻せないほどの乖離を生んでしまっていたのかもしれない。先人の足跡を理解し、今自分の立ち位置を俯瞰し、これから向かうべき地点を設定し、どのような計画を立て、進むのか。それさえ共有できれば大丈夫だと思える。それから少しばかりの気遣い。そういうものを携えて、肝に据えて、いざ。