右も左も

午前中は市内各所を調査。午後から外房を回る。

各市役所のロビーには各社の新聞が購読できるようになっていて、この日は鹿児島補欠選挙の結果について新聞社は事実は事実を伝えたうえで、その意味づけについては大いに異なる。たとえば読売新聞は「安倍路線に信任」が得られたとして、集団的自衛権やTPPを今後も推し進めるとし、たとえば朝日新聞は「政権信任選挙遠く」として国政と地方とを一線引いている。

イデオロギーの終焉とか云われて久しいけど中枢では結構残滓が生き生きとしていたりして。クリミア半島とかでは新しい冷戦の始まりなんていってるけど。古くても新しい問題かもしれない。

自分の態度はひとつ。「輝ける新地域を形成する」

マイカーが再び故障。これに引き続いてだ。今回はエンジン着火せず。外房某所のためしかたなく奥さんに迎えに来てもらった。10年12万キロ、まだまだ行けると思う。