安息の日

キリスト教ではイエスが復活した日曜日、旧約聖書では天地創造を終えた7日目、原理原則に忠実に従えば、仕事をしない、いや、してはならない。所によってはエレベーターのボタンを押すことが仕事に該当し、それさえままならない所もある地球上で、東アジアの隅っこで、ささくれみたいに出っ張った半島の先では、八百万の神様や仏様の下、年度末に仕事をせざる得ない民もいる。

と。毎日毎日、同じことをしてるようで、輪郭のはっきりしない日々が連なっています。

夕方から悔やみに行き、焼肉を食べに行った。ひっぱったんだか、ひっぱりまわされたのか。なんやかんやで遅くなってしまった。