慌ただしい

「ごちそうさん」をやりすごし、昨日の昨日で生じた問題解決の為に「朝イチ」から内房へ。いったん引き戻るもやはりこの先の時間のことを考えもう一度内房へ。二度手間になったが、お手伝い頂き完了。終わってしまえばなんてことないが、夢中の時は夢中なものだ。お昼を「ごちそうさん」して頂き、鴨川へ戻る。すぐに健康診断の為病院へ行った後は事務所に戻り来週開催の会議に備える。夜はKSさんからの話で事務所で事務作業。それでも23時頃に全て終了した。「決戦は金曜日」らしい慌ただしい一日であった。

写真は長女が持ち帰った学校文集。今は全校生徒の文章を文字を起こして印刷されている。

当時は選抜された人たちの自筆の文章だったはず。