決して饅頭ではない。梅ヶ枝餅である。

嫁の実家が福岡で、伺うようになってからすぐの頃おやつに出てきたのがこやつであったように記憶しているが、表面は焼きが入り、中身は餡が詰まっている。関東人ではなんだ饅頭、かと勘違いしそうだが、決して饅頭ではない。表面に焼きが入った餅である。お目にかかったことながないと想像しずらいが、一見すれば梅ヶ枝餅は梅ヶ枝餅なのである。けっして饅頭ではない。表面に焼きが入ることで独特の風合いが引き立つ。太宰府天満宮の茶屋さんで頂けば、饅頭という発想は出てこない。これはこれである。梅ヶ枝餅である。ということ。