西前東後

風がやや強く気温も低かったが外房地域へ実査に。二時間ほどの現地での確認作業と役所での調査をこなした。お昼のてっぺんを大きく過ぎていたが、こちらのつけめんでおなかを満たした。事務所に戻ると電話で契約書類関係で内房地域へ。
山中道を車で駆ったが、長狭方面から路肩の雪が現れ、市境付近の路肩の所々には溶け残った雪がゴロゴロと塊になって連なっていた。海沿いや外房地域では全く目にしない風景であった。そうそう。この日午後6時には房スカの通行止めが解除となった。ようやく北への目処が立った。結局、房スカは四日程通行止めであった。