雪の続き

 

 

一夜明け、台風一過とばかりに太陽燦々として、雪は徐々に消え、 風景はあっという間に元に戻るのであるが、 子等は束の間の非日常を謳歌していた。