奇跡のリンゴ

調べて見ると、2006年12月7日の放送であった。

NHKのプロフェッショナルで奇跡のリンゴが放送されたのは。7年も前のことになる。不思議な農夫にいたく感銘しNHKに興奮気味にメールを書いたのを覚えている。その後に奇跡のリンゴはあっという間に世間の引っ張りだこになり、本や映画等あらゆるメディアで目にするようになった。

 

ところがついぞやその本物に出会うことになった。市内の某店で妻が買ってきたのだ。ごく当たり前のように。合点がいかなかった。いまでも完全にはいってない。

何故にこんな田舎に流通しているのか。そんなに市場に流通しているものなのか。二個で380円は高いのか、安いのか?みんな既知のことなのか?

 

そんな疑念を含んだ疑問を抱えて食べたリンゴは「立派なリンゴ」でした!

それが感想です。