753

先日、長女の七つ子のお祝いを行った。自分の兄夫婦と妻の妹夫婦そして自分の両親と妻の両親が鴨川に集まり、総勢大人10名子供2名で盛大に執り行った。これだけの親族が一同に会するのも自らの結婚式以来ではないだろうか。約7、8年ぶりであった。とりわけてどうのというものではないが、同じ時間同じ場所にいるというのはたいそう意味があると思える時間であった。

当日の主役は、どうにも照れ屋で、絶えず恥ずかしいを連呼しており、着物のもすぐに脱いでしまう始末。禰宜さんに祝詞を奏上してもらい、ささやかな食事会の場も設けた。とても貴重な時間となった。ありがたい。ここまで無事に育ってくれたこと、とあらゆる繋がりに感謝してる。