成長戦略第三弾

安倍晋三首相は5日午後、内外情勢調査会で講演し、規制改革に重点を置いた成長戦略第3弾を発表した。対象地域を絞って規制緩和する「国家戦略特区」の創設や大衆薬のインターネット販売の原則解禁などを通じ、10年後に1人当たり国民総所得(GNI)を現在の水準から150万円以上増やす目標を掲げたが、株式市場は反応しませんでした。新聞報道通りの内容だったせいか織り込み済み感があったようです。為替は瞬間的に反応を見せたようですが、現在のところ円高傾向に振っているようです。150万円の上積みとか実現すればいいと思いますが、市場はクールに反応しています。