資産効果

日経平均株価は15,000円を超えて来た。昨年末から1.5倍に膨れあがっている。相場は現在かつて程底堅い。方向は夏の参議院選までは確実であろう。株高の資産効果は確実にある。含み益は上がっている。これが不動産向かうモノと思われる。株高とお客さんの引き合いの相関性を語る不動産屋さんもいる。また「黒田緩和」と呼ばれる次元の異なる金融緩和策は不動産市場へいずれ向かうものと思われる。自ら立ち上がる力に乏しい地域経済においてはこういった一般的な経済動向如何が地価の動向を左右している。それが一時的なものでなく市場に安心感を与えるほどなら。なおさらだ。