神戸

地価は体系立っている。例えば駅前を最高点として徐々に下落してゆく。といったように。

先日神戸を訪れた際に友人が「神戸の土地の価格は分かりやすい。上が高くて下が低い」と興味深いことを言っていた。路線価を眺めて見て確かにその通りであった。水が高きところから低きところに流れるように地価もそれに倣っている。歴史の古い関西のことである。そちらから紐解けばかなりおもしろい発見が待っていそうである。